FC2ブログ

ジェロンテクノロジー

20090525東京工業大学、ジェロンテクノロジイ、リサーチメイトミーテイング 002-1
こんにちは、今日はもう金曜日で少し遅れましたけれど、またばあさんの考えた事など書いてみたいと思います。
先日、某大学の大学院の学生さんとお話できる機会がありました。「ジェロンテクノロジー」老人学とでも言うのでしょうか、という学問を日々研究しておられる学生さん達で、近い将来人口の三分の一以上が65歳を越えるという未来を考え、高齢になった人達にとって使いやすい道具や物のデザインなどを研究開発しておられます。たとえばパソコンや携帯電話などはその一例でしょう。老人側の出席者は、83,72,71歳の三名でした。私個人としては、年寄りと言っても若者の延長線上にいるだけという感覚なのですが…そうなのです、大方の年寄りは普段自分が年寄りと思って暮らしては居ないかもしれません。ですが、平均寿命のことを考えると、おばあさんの一人暮らしは確実に増えていくでしょう。話し合いの内容は、ごく日常的な事が中心でしたが、後ほど、刺激になり何らかの示唆が得られましたと言っていただきうれしい限りでした。願わくば、年をとっても出来る事まで奪わない程の改良をお願いしたいものと思っています。齢をとるというのは肉体だけではなく心も齢をとるのです。若い人が見えにくい眼鏡をかけ足に錘をつけて駅の階段を上り下りしてもそれは年寄りのそれとは違うのです。
今は、世の中の仕組みと家族のあり方が、短い間に大きく変化してしまったそのことにうろたえる年寄りがとても多いと思います。

パソコンの傍で、今配達されたばかりの夕刊を読んでいたじいさんが、ニュースがあるよ、
ダンボールの棺おけが開発されたんだって。なんでもクリーンに火葬ができるそうだ。生協でも扱っていると書いてあるぞ。〈我が家は長い間生協の会員である〉もうこれにきめましょう。そうだな。エコポイントはつくのかしら〈悪ノリ〉物事は弾みで決まる事が多いですよね…
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

betty3694

Author:betty3694
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード